夕食後、私が片づけをしている間、彼はリビングでゴロゴロしていた。



なんか私を攻略するのは諦めたっぽい。



「お風呂、先使っていいよ~」


「えー。一緒に入ろうよ!俺ら恋人同士だろ?」


「片思いの間違いでしょ。勝手に恋人同士にしないでくれるかな?」


「じゃあ、先、入ってるから後から来いよ」



彼は立ち上がり、風呂場へと足を運んだ。



うん。

私の話を聞いてない。

勝手に話が進んでるんだけど……。



この作品のキーワード
イケメン  強引  俺様  恋人  レンタル  あまあま  独占欲  ドタバタ  美男子  肉食 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。