小鳥のさえずりで目が覚めた。


首元にガッツリ腕が掛かってる。



「起きてよ」


「あと、もうちょっと……」



するとさらに近づいて、胸元に顔をうずめてきた。



少し見下げると視界は彼のブラウンの髪。



触りたい衝動に駆られ、彼の柔らかそうな髪に触れる。



「触んな。くすぐったい」


「だったら、起きてよ」


「んー」



もぞもぞと布団の中で動くだけで起きる気はなさそうだ。



彼のコレは素なのか演技なのか……



この作品のキーワード
イケメン  強引  俺様  恋人  レンタル  あまあま  独占欲  ドタバタ  美男子  肉食 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。