先ほどの訪問から翔という男は、堂々と居座り、勝手に私の少女漫画を取り出しては読みあさってる。



静かだから、そのままほったらかす。



まあ、外に出ることはないだろうと思い、私は近くのスーパーへと買い物に出かけた。


一応、念のためにカギは掛けとく。






買い物を終え、私はスーパーの袋を2つ抱え、家へとたどり着いた。



玄関のドアを引くとやっぱりカギが掛かっていた。


バックから鍵を取り出し、ドアを開ける。



すると、目の前に飛び出してきたのは彼だった。



ギュっと私に抱き着く。



この作品のキーワード
イケメン  強引  俺様  恋人  レンタル  あまあま  独占欲  ドタバタ  美男子  肉食 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。