「お嬢様、ティータイムでございます」



はぁ……

私は驚きを通り越して、唖然とした。



呼ばれて来てみたら、なんだこれ?


彼、スーツ着てるし……


しかも、リビングちょっと改造してない?

カーテンとかソファ掛けとかいつもとだいぶ違う気が……



彼に手を添えられ、ソファに座らせられる。



「本日のお菓子は苺のミルフィーユでございます」



目の前のテーブルに置いてある美味しそうなミルフィーユ。


アイスが乗ってるしすごく豪華。


高級なお菓子専門店とかに売ってそうなぐらい。



「苺は摘みたてでございます。バニラアイスを添えてどうぞ一緒にお召し上がりください」



にこやかに説明する彼に、


『この辺りのどこに苺畑があるんだよっ!』


ってツッコミたくなるのをあえて言わないでおく。



この作品のキーワード
イケメン  強引  俺様  恋人  レンタル  あまあま  独占欲  ドタバタ  美男子  肉食 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。