(株)葦原ホールディングスは、旧葦原財閥の流れを汲む日本屈指の財閥系企業だ。

都市交通を中心に、ホテル、旅行、百貨店、不動産など多様な分野で業績を上げる事業持株会社。





1週間と少し前から、私はこの会社の常務取締役の秘書として働いている。


私のボスである常務の名前は、葦原大和(あしはら やまと)といって、私と彼が出会ったあの夜に30歳の誕生日を迎えたばかり。

つい4ヶ月ほど前に常務に就任した。

彼は葦原ホールディングスの会長である葦原浅黄(あしはら あさぎ)氏のひとり息子で、その家柄に負けず優秀でかつ容姿も満点。



今日の常務はチャコールグレーのシャドーストライプが入った細身のスーツを着こなし、深いえんじ色のネクタイをしている。

彼が動くたびに、清潔でほんの少し甘さを感じる香りが、しゃぼん玉のようにふわふわと飛んで来る。

形のいい唇からこぼれ落ちる低く魅力的な優しい声。

見つめられれば吸い込まれそうな真っ黒な瞳。


彼の全ては女の子を釘付けにしてしまう。




まさに彼は、現代の王子様なのだ。






……一応、表向きは。

この作品のキーワード
シンデレラ  秘書  運命  秘密  魔法  あまあま  常務  王子様  ラブコメ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。