朝、いつものように自分の家に戻って、お母さんと朝食と弁当の用意をしている。



「ほんとわがままなんだよ!?」





できたおかずをお弁当に詰めながら、お母さんにバイトでの愚痴を聞いてもらっている。


バイト内容は、付き人とゆうことにしている。





さすがに藤井の専属メイドなんて言ったら、お母さんが卒倒してしまいそうだから。







「ふふっそんなに楽しいのね」



「どこが楽しそうなのー」





お母さんはあたしの気持ちを理解してくれないらしい。




楽しくないよ!


わがまますぎてついていけないもん。






「だって、杏が自分の話をこんなにすることなんてないわよ?」








この作品のキーワード
メイド  ご主人様  貧乏  大金持ち  同居  一つ屋根の下  秘密  俺様  溺愛