―2月某日。


私、坂井 知沙(さかい ちさ)26歳。只今、非常に焦っております。


今日は高校時代からの親友・朱里(あかり)から“みんなでご飯行こう”と誘われて“みんなって誰だろう?”とは思ったけれど、いつも集まるメンバーかな?と、私は漠然とそう思っていた。


なのにいざ、そのお店に朱里に連れられて行くと…
全然知らないスーツ姿の男の人が二人、そこに座っていた。




「お待たせしました~!待たせてごめんなさいっ」


朱里は両手を合わせて明るくそう言った。



「いいって、いいって。俺らも来たとこだったし」


手前に座る人がそう言う。




もう何が何だか分からない…とりあえず分かるように説明してほしい…っ!!




「ほらっ知沙!座って座って!」



「え…あっ…」


朱里に背中を押されて奥の席に座らされ、少しずり落ちた眼鏡を直す。



「では紹介します。私の親友、知沙です!」


朱里は私の方に手を添えて二人に紹介する。



「こっちが純也(じゅんや)。ちなみに私の彼氏ね?」


次に朱里から、さっき言葉を発した彼を紹介された。



「!?」



「どうも」


朱里の言葉を聞いて驚く私に声をかける純也くん。


もちろん朱里に彼氏がいるのは知っていた。だけど…会うのは今日が初めて。

朱里から聞いていた彼の情報をまとめると…同い年の同期で、すごくかっこよくてモテる。仕事の出来だって群を抜いている…らしい。

今まで聞いていた情報を思い出して彼を見てみると…確かに朱里の言う通りかもしれない。
顔は整っていて、いかにもモテそうなルックスだし…“出来る人”って雰囲気がしているから。



っていうか…隣に座っている人も、かなりモテそうなルックスをしているんですけど…。




「で、こちら…私たちの先輩、井上 聡(いのうえ さとし)さん。4つ上…でしたっけ?」


今度は私の目の前に座る彼を紹介された。



「あぁうん、そうかな。」


朱里の質問に井上さんは柔らかな表情で答える。




4つ上ってことは…30、なんだ…。





この作品のキーワード
大人の恋  オフィスラブ  年上  イケメン  初めて  甘々  あまあま  溺愛 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。