「ねぇねぇ、見て!これ!」



ある日の昼間、休憩室で昼食であるサンドイッチを食べていると、向かいに座る雛ちゃんが見せてきたのは二枚のチケット。

そこには『ファンタジーランド一日フリーパス』の文字。



「ファンタジーランド…って、あそこの遊園地?」

「うん。友達が働いててさ、無料チケット貰ったんだ」

「へぇー…あ、じゃあ亮さんと行くんだ?」

「それはもちろんだけど…一枚で二人入れるからさ、折角だし美紅も一緒にどう?」

「へ?」



突然のその誘いに、私はサンドイッチを食べる口を止める。



「いやー…さすがにカップルと三人で行くのはちょっと」

「違うって。青井も誘って四人で!」

「青井くん?」



どうしてそこに青井くん?

そう問いかけるように首を傾げれば、雛ちゃんはうふふといやらしく笑う。


この作品のキーワード
ほのぼの  無愛想  身長差  同期  じれじれ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。