バイクに乗ること約10分。


倉庫に到着した。


飛龍の倉庫は大きくてきれいだった。



中に入ると、下っぱ君たちが挨拶をしてくる。


あ、私以外の人たちにだけどね。


この作品のキーワード
暴走族    黒猫  美少女  過去  孤独