椎「…ん…」


類「あ、椎花ちゃんの目が覚めたよ!」


莉「椎花!大丈夫!?」


莉奈ちゃんが私に抱きついてくる。


えっと…


私、意識なくしたんだっけ?



椎「うん…迷惑かけてごめんなさい。」



嵐「俺のせいで…ごめん。」


私が頭を下げると、なぜだから嵐が謝ってきた。


この作品のキーワード
暴走族    黒猫  美少女  過去  孤独