「おはよう、愛海」


「ん…おはよう」


朝、甘い声で囁かれる言葉とともに唇に優しく触れる感触。


もう、これだけで一日が幸せに包まれるような感覚になる。


美結ちゃんがいるところでも、とろこ構わず唇を重ねてくる輝。



ちょっと恥ずかしい気持ちもあるけど、まだ私のことを女としてみてくれてるのかな、なんて考えると嬉しい気持ちの方が断然勝るのだ。


「ままー」



そんなことを思ってると、隣から声がした。


私たちの小さな天使の美結ちゃんが起きたようだ。



親バカなんて、言葉は私のためにあるんじゃないかってくらい、可愛い可愛い美結ちゃん。



まだ、眠いのか目をこすりながらも、眠気まなこでぼーっとしてる。


その姿さえも愛おしく見えるのだから、私はきっと親バカの中の親バカなのかもしれない。

この作品のキーワード
冷たい  あまあま  すれ違い  嫉妬  いちゃいちゃ  一途