「ったく、なんで愛海まで泣くんだよ?意味わかんねぇ」


乾いた声は、輝から発せられたもの。


やっぱりそうだ、ここで私の涙は間違ってる。


でも、どうしよう。


そう思えば思うほど涙が止まらない。



何が悪かったんだろ?


どこから、この予定が崩れたんだっけ?



泣き声と嗚咽しか聞こえない空間に私と輝、それから美結ちゃんがいる。


本当なら、もう車に乗ってどこかに行ってるはずだった…。


もう、とことんダメだな私。





この作品のキーワード
冷たい  あまあま  すれ違い  嫉妬  いちゃいちゃ  一途