「さぁ、こっち向けよ。」


薫は自分の脇腹に刺さったナイフを抜き取り、地面に叩きつけた。

するとナイフは見事に粉々に砕けてしまった。


「これで正々堂々、2人だけの勝負だ。」


薫のその言葉に、恭平は引きつった笑みを見せながら言った。


「君はそんな状態で僕とまともにやり合えるっていうの?」


恭平の言う通り、薫の脇腹からは真っ赤な血がぽたぽたと落ちている。


「これは俺からのお前に対するハンデだ。」


薫は静かにそう言うと、恭平向かって殴りかかった。








この作品のキーワード
純愛  感動  胸キュン  友情  イケメン