朝食を食べ隼とホテル内の庭を散歩していると


由香里さんからの着信でスマホが鳴った。


「結衣、今どこ?」


「庭です。」


「ごめん、隼と部屋にきてくれる?」


「はい。」



隼に由香里さんが呼んでいることを伝えると


「すげーイヤな予感しまくり。」なんていうから


「怖いこと?」


心配になって隼の腕にギュッと捕まった。


「怖くはねーよ。俺にとって不愉快な話だ。」


隼は本当に面白くなさそうな顔で歩き出した。




この作品のキーワード
極道  ヤクザ  溺愛  大人の恋  イケメン  バリトン  結婚  運命   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。