朝、目が覚め、仕度をして食堂へ向かおうと部屋を出ると


珍しく隼が起きていてドアの前にいたけれど


私は無視をして通り過ぎた。



響さんと由香里さんに挨拶をして座ると隼も来た。


「ママ、あとでお話があります。」


声をかけると


「結衣ちゃん?また差別か?」


深みのあるバリトンが悲しげに言うから


「結衣って呼んで下さいね。」


「パパで頼む。」


「はい。パパ。」


「聞いたかおい。娘っていいな。」


由香里さんと響さんはとても嬉しそう。


だけど私の左側からは完全に負のオーラが漂っていて


「結衣。」って呼ばれても知らん顔をする私に


「何、喧嘩したの?」由香里さんが聞いてきた。


「相当、猛烈に怒ってます。」


由香里さんと響さんの方を見ると


「とことんやれ。」


響さんが言ってくれた。


「承知いたしやした。」


私の返事に2人はゲラゲラと笑い


「あとでママをお借りします。」ってお願いにも


「あぁ。」と微笑んでくれた。


この作品のキーワード
極道  ヤクザ  溺愛  大人の恋  イケメン  バリトン  結婚  運命   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。