「由香里、ゆい坊。」

「お父様。」「お爺様。」


「由香里、ゆい坊、お久しぶり。」


「いらっしゃいませ。お待ちしておりました。」


「志摩子さん。またお会いできて嬉しいです。」



玄関でお爺様と志摩子さんを出迎えた。



だけどそこでお爺様が笑い志摩子さんも笑う。


私はドキドキだ。


「さて、約束は守らなきゃならねぇ。わかっているね?」


「もちろんでございます。」


志摩子さんがお爺様と顔を見合わせると楽しそうに、



「それでは、仁義きらせていただきましょう。」



威勢のいい声を発した。

この作品のキーワード
極道  ヤクザ  溺愛  大人の恋  イケメン  バリトン  結婚  運命   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。