2005年2月

優からは何回か連絡はきてたけど無視した。
もう未練なんかない。
心の中ではもうとっくに終わってたのかもしれない。
何にも悲しくならなかったんだもん。


学校も家庭学習の時期に入り、12時までに終わるバイトを探してた。
もちろんキャバ嬢も続けてたけど。


あたしは何を思ったのか家から一番近い焼肉屋さんにした。
食べないのに。笑


面接もすんなり通って、明日からバイトだ。


高校卒業したら一人暮らしでもしようかな。


車の免許も取りに行った。


モデルのバイトもし始めた。


優と別れてからいい事ばっかりな気がする!!!(´∀`*)


昼寝から起きると優からの電話とメールが山のようにきてた。
もう着拒しかないな。


拒否したらなんと親から自宅に電話がかかってきた。
なんと

「泣いてばっかりで見てられないから、話だけでもきて欲しい」

とのこと。

「もう終わった事ですから、おばさんにはよくしてもらったけど
行く事はできなしです。ごめんね、と伝えてください」

と言って電話を切った。

あー。妙な男に捕まったもんだ。(;一_一)
B型は怖い。と思ってしまった。


でも以外と友達てB型とAB型が多いんだよなぁ...

すっきりしたのかしなのかわからなくなってしまった。

お母さんに話したら

「そんな男早めに辞めれてよかったやん」

だって。あっさりしてるわ、ほんとうちの親は。

この作品のキーワード
妊娠  不妊  離婚  結婚  赤ちゃん  切ない  流産  新撰組  純愛  ドン底 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。