「そう。特別サービス。

この曲を知ってるのは、お前の他にメンバーの奴らだけ。
メンバーの前では、実際に何度も歌ってる。

あいつらもいい曲だから、デビューしてからこれは歌おうって言ってくれて。

優雅も」


その“優雅”の名前を口にした涼雅の声は、真綿のように柔らかく感じて、


ああ、私が弟と仲が悪いのとは違うのだと、感じた



涼雅は私の為に、
JUKEの楽曲から何曲か口ずさんでくれた



私の為だけに歌ってくれているのだと、

本当に幸せだと思った



でも、もうさっきの曲は歌ってはくれなかったけど



本当に、特別サービスだったからか