「じゃあ、俺がシャワー浴びてる間に、出る用意しといて」


涼雅はそう言って、
私を残してベッドから出て行った




遮光カーテンで部屋は暗いけど、
枕元のデジタル時計を見ると、
朝の8時を過ぎた頃



目を瞑り暫くボーとすると、
起きないと、そう思いベッドから出た