「どうしよう……」



海の中から浜辺に連れだしたこの人。
顔に耳を当てるも息をしていない。


夕日が暮れて、もうほとんどと言っていいほど人もいない。
ザーザーと一定に刻む波の音だけがこだまする。



このままだったら、きっと、この人は死んでしまう。

でも、お父様から人に見つかったらダメだって……

どうしても、しょうがない時は、浜辺に人だけ置いて帰って来いと……



お父様、ごめんなさい。



彼の唇に私の唇を近づける。



あと、3㎝、2㎝、1㎝……



この作品のキーワード
人魚姫  マーメイド  短編  ファンタジー      純愛  甘ロマ  らぶらぶ  溺愛 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。