「ぶ、部長だって行きたかったと思うよ…?」

「そ、そうよ!部長には
きっと外せない用があったのよ!」




少しこ洒落た、今時珍しい
七輪を使った焼肉屋。



ひきつったぎこちない笑顔で
私を励ましてくれる、山本くんと黛実。



でも、私はべつに…


「部長が来なかったからって
落ち込んでるわけじゃ…」

「そんな、死んだような顔して
よく言うわよ…」




人より少し長いまつげを揺らし、
呆れた表情をしながら、黛実は“はぁ…”とため息をついた。







な、なに!?そのため息!
って言うか、死んだような顔って…



私そんなあからさまに、落ち込んだ
顔してたのかな…






「…そんなにひどい顔してる…?」


「そりゃあ、もう。

眉なんかハの字に下がっちゃってるし、
目なんか今にも涙が流れそうなくらい
うるうるしてるし、


誰が見たって。“大丈夫?”って
聞いちゃうくらい、ひどい顔してるよ」





そう言った山本くんも
眉がハの字になっていて、
どこか悲しそうな顔をした。



この作品のキーワード
部長  上司  クール  天然  胸きゅん  不器用  無愛想  ドジ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。