放課後、あたしたちは一旦家に戻り、互いの彼氏を連れて十字路で待ち合わせをした。


大急ぎで部屋に入ると蒼太はちゃんと座って待っていてくれて、あたしが帰ると笑顔を浮かべて「おかえり」と、言ってくれた。


特に変化があったわけでもなさそうで、あたしはホッと胸をなで下ろす。


「ただいま蒼太。今日今から一緒に出掛けない?」


そう言うと、蒼太は少し小首をかしげて「デート?」と、聞いてきた。


その言葉に一瞬にして体中が熱くなる。


理想的な異性でデートかと訊ねられることが、こんなにドキドキすることなのだと、初めて知った。


「ま、まぁデートかな」


ドキドキしながら冷静さを装い、あたしはそう返事をした。


「わかった。じゃぁ部屋の外で待っているね」


そう言い、蒼太はすぐ部屋の外へ出た。


一瞬、待つってなにを?


と思ったけれど、今の自分の服装を見下ろして、気が付いた。


そうだ、あたしはまだ制服のままだったんだ。


どこまでも気が利く蒼太に、あたしはフッと笑みをこぼしたのだった。

この作品のキーワード
ホラー  悲鳴  人形  戦慄  彼氏  再生  恐怖  破滅  ドキドキ  破壊 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。