「はあ……」



ここ最近、癖になってしまったため息がつい口をついて出た。

手元のコーヒーカップを見つめ、頬杖をつく。
大きなガラス張りの窓に視線を移せば、うららかな春の日差しがビルの群衆に降り注いでいる。






『――お前、名前は?』



こんな日は、思い出す。

センパイと、初めて言葉を交わした”あの日”だ。






仕事の鬼こと、久遠和泉。
彼と一緒に仕事をするようになって、その背中を追いかけて、いろんなセンパイを知って。

そして、恋をした。


あれから、3年もの月日がたっていた。






「……はあああ」


今日何度目かのため息が零れた、その時。
休憩室の扉が開いて、誰かが顔を覗かせた。



「渚さん!」



明るい声に誘われるように顔を上げると、ハニーブラウンの柔らかな髪を弾ませて、真山くんがあたしの前にやってきた。



「やっぱりここにいた。探しましたよ」

「? なにかあった?」


首を傾げると、真山くんは大げさに首を縦に振ってみせた。


「大ありです!」


ビクっ!


今にも掴みかかりそうな勢いに、思わず小さく身を引いてしまった。





この作品のキーワード
甘ロマ  強引  イジワル  じれじれ  続編