響も隼もそれから植木さんもとても忙しくしていた。


兄弟の盃を交すということは、私達の姐さんの盃とはやっぱり大違いだ。


余計な事を言ってしまったのかと思うぐらい大変そうで


「隼…余計な事言ったかも…。」


「何がだ?」


「兄弟の盃。」


「あぁ…。有難いことなんだぞ。ただ予想外な事が起きてそれで忙しいだけだ。心配するな。」


「怖いこと?」


「大丈夫だ。結衣はおとなしくしていてくれればそれでいい。」


何かは説明してくれなかったけれど


言う必要がないから言わない。


それがわかるから深く追求はしなかった。





この作品のキーワード
極道  バリトン  イケメン  大人の恋愛  純愛  任侠  若頭  溺愛  独占欲  結婚 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。