俺、矢嶋亮太は、それなりに女性とは付き合って
きた。

しかし今まで付き合った女性には本気になったこともなく、いたって淡白な付き合いでしかなかった。

同僚の清香と一樹〈かずき〉(佐藤部長の名前)と仲が良く、よく一緒に飲んでいた。

一緒に飲む度に、


「矢嶋も本気で付き合える人見つけたら。」


と清香はよく言っていた。

正直、面倒に思ってたから、曖昧な返事をしていた。


この作品のキーワード
切ない  上司  セフレ  年の差  年齢差  強引  オフィスラブ  失恋  曖昧