今日も玄関でハルを見送った。

昨日も今日もハルは僕の家から出勤している。

「いってらっしゃい。気をつけてね」

「うん。……あの」

「今日も迎えに行くよ」

ハルが何を言いたいのかわかったから、先に答えた。

迷惑って感じでもなかったから、どうせまた、申し訳ないとか思っているんだろう。

「僕が行きたいんだから、気にしなくていいんだよ。それとも迷惑?」

「ううん、そうじゃないんだけど。……今日も9時くらいになると思う」

「うん、わかった」

「じゃあ、いってきます」

「いってらっしゃい」

この作品のキーワード
幼なじみ  同窓会  地味OL  ドン底  トラウマ  腹黒  草食  嫉妬 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。