結局、百貨店をフラフラしたものの、何を見てもまったく興味が持てず、かなり早めに居酒屋に到着した。

一番乗りかと思って寂しいのを覚悟していたのに、店の前には既に何人も来ていた。

ホッとして、表情が明るくなる。

「立花、こっちこっち」

「たっちー、久しぶりだねぇ」

ずいぶんと久しぶりに聞く自分のあだ名は、昔の写真を見るみたいにくすぐったい。

店に入り奥の仕切られた部屋に案内されると、話しはあっという間に盛り上がった。

その後、次々と懐かしい面々が到着し、それぞれ気心の知れたグループでまとまっていく。

だいたいの人数が揃ったところで乾杯をした。

この作品のキーワード
幼なじみ  同窓会  地味OL  ドン底  トラウマ  腹黒  草食  嫉妬 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。