◇◇◇


北国の短い夏が終わり、季節は秋になった。


街路樹は紅葉し、ナナカマドは赤い実をつけていた。



朝7時、寝床から出たうららは、

着替えをし、顔を洗い、朝ご飯の前に仏壇に向かった。



仏壇には、湯気立つご飯と新しい水が供えられている。


それらは、うららより早起きの梢が用意したものだ。



うららはお鈴をチンチンと鳴らし、手を合わせた。



仏壇の上には遺影が飾られている。


写真の初老の男は、紋付の着物ではなく、警察の制服を着ていた。


人生の半分以上を公安警察に捧げた夫には、その姿が似合うと梢が思ったからだ。



「じいちゃん、おはよう!

今日も一日、一生懸命働くからね!」




写真に向けてうららが言うと、隣の茶の間で梢の声がした。



「うらら、あんた今日は病院の日だよ」



「あ、忘れてた!」



「しっかりしなさいよ。

今日は、ばあちゃんも一緒に行くよ。久しぶりに先生に挨拶したいしね。

店は午後から開けるからね」




この作品のキーワード
年の差  大人  年上  警察  刑事  結婚  事件  感動  シリアス  スリル 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。