◇◇◇


雪が降る。

冷たい北風が吹き、長く厳しい冬の始まりを告げていた。



おにぎり屋は、季節問わず忙しい。

今日も大勢の客の腹を、梢の温かいおにぎりが満たしていた。




夜8時。


「ごっそさん、母さんまた明日な」


最後の客が帰ると、店じまい。


暖簾を仕舞いに外に出て、うららは寒さに震えた。



黒い空から、粉雪が舞い降りる。


街灯の明かりを浴び、風に揺られて落ちてくる。



寒いけど綺麗だと思い、うららは天を仰いでいた。



その時、「桜庭うらら」と誰かに呼ばれた。


振り向くと、約一ヶ月半ぶりの小泉がいた。



コートの肩に雪を積もらせているのを見れば、長時間外にいたことが分かる。



うららはパッと笑顔になる。


大きな声で彼の名前を呼ぼうとしたが、

素早く伸びる大きな手に口を塞がれた。



この作品のキーワード
年の差  大人  年上  警察  刑事  結婚  事件  感動  シリアス  スリル 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。