「ただいま!」

「優一!お腹減った!」

「……はいはい。」



ただいまって言われたらおかえりだろ…
僕は心の中で、そんなことを呟きながら、すぐにキッチンに向かった。

黒いエプロンをかけ、僕は朝食の準備に取り掛かる。
朝は毎日洋食と和食を作らなければならない。
なんたって、うちには「朝からパンなんて食べられるか~!」って言う、おやじみたいな人が一名いるから……



「う~ん、良いにおい……
あ、優一、この前のお漬物、買って来てくれた?」

「買ってあるよ。」

「やったー!」



ソファに寝転んだまま、両手、両足を伸ばして、喜びを全身で表現する。
おとなしくて目立たないタイプだった僕とは昔から全然違う性格のあの人は、僕の姉。
明るくて、姉御肌で、けっこう美人で、見た目にも目立つタイプの人だった。



「なっちゃん、小太郎の遠足なんだけど……」

「ごめ~ん、平日は休めないから、またあんたに頼むわ。」

「……わかったよ。」



そんな返事が返って来ることはわかってたけど、小太郎は姉の子供だから、一応は聞いとかないと。



「お待たせしました。」

「おぉ~っ!今朝の朝餉もうまそうじゃ!」

むっくりと起き上がった姉は、目を輝かせて朝食に箸を付ける。



いつも元気で、いつも笑顔で……いつも頼りになるこの姉のおかげで、僕はどれほど救われたことか……


僕が今、こんな穏やかな生活をしてられるのは、この人のおかげなんだ。





この作品のキーワード
トラウマ  転機  アラフォー  復活  地味  切ない  誤解  ピュア  大人の恋  じれじれ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。