「……どうしたのよ、あんた。
ぼーっとしちゃって……」

「……え?
あ、あぁ……ちょっと、風邪ひいたみたいなんだ。」

「風邪~?大丈夫なの?
こたに移さないでよ。」

「わかってるよ。
ちゃんと、マスクはしとくから。」


数日前から喉が痛くて、少しおかしいと思ってたけど、やっぱり風邪をひいてたみたいだ。
今日は、身体が熱いし、頭も痛いし、だるくてたまらない。



なっちゃんに朝食を食べさせてから送り出すと、気持ちが緩んだのかどうにもだるくて、僕はリビングのソファーに横になった。


(あ、そうだ。確か、頭痛薬があったはず……)



僕は以前買った頭痛薬がまだ残っていたような気がして、自分の部屋に戻った。



(……あった。)



みつけたそれを飲み、僕はベッドに横になった。
気分もあまり良くない。
今朝はほとんど食べられなかったけど、お腹はすかない。
やることはいろいろとあるけど、今はどうにも具合が悪い。
少し休んでから風邪薬を買いに行こうと決めて、再び僕は横になった。



この作品のキーワード
トラウマ  転機  アラフォー  復活  地味  切ない  誤解  ピュア  大人の恋  じれじれ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。