今日は食品メーカーへ出向いて打ち合わせらしい。
取材などは入っていないけど、
メーカー担当者と初顔合わせになるからとマネージャーからスーツ着用の指示があった。


「あんま好きじゃねーケド、仕方ないか…」


とりあえず、指定された通りの準備をし終えたところで
マネージャーが迎えに来た。


「スーツ指定って事は、メーカー担当者って堅物なの?」


「…いや。担当は女性らしいから、一応好感度下げないように情報漏れ対策」

「なるほどね」





都内にデカイ自社ビルを持つ食品メーカー本社。
正面玄関に車を停め、ロビーに入る。

広いロビーで女性社員たちが群がっている。
確かに、この状況でラフな格好じゃイメージダウンだな。


俺たちが到着する少し前には、
美央も同じ状態で男性社員が群がっていたようだ。



最上階の会議室に案内され、ドアを開けると美央がソファに座っていた。

「あっ。雅也さん♪」


「…どうも」


「やだ。そっけない返事。私と雅也さんの仲なのにぃ」

この作品のキーワード
秘密  同級生  芸能人  身分差  結婚  プロポーズ  アラサー  出産  オフィスラブ  シンデレラ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。