ルースの朝は、今日も清々しい。


ベッドから降りて、少年は窓を開け放した。


ひんやりとした空気を胸いっぱいにすいこみ、朝を迎える。



「今日もいい天気ですねー」



少年は窓枠にもたれて、晴れ渡った空を見上げる。


すると、下からザクザクと砂利を踏みしめる音が聞こえた。


視線を落とすと、宿の女将が洗濯籠を片手に歩いている。


彼女が歩いてきた方向には、真っ白なシーツやタオルを吊るした物干し竿があった。


この宿に泊まり始めて3週間近くが経つ。


洗濯の量を見るだけで、宿泊客がどのくらいいるのか分かるようになってきた。


今日はそこまで多くはないようだ。



(昨日みたいに食堂は混まなそうですね)



少年はベッドに座って工具を広げ、簡単な点検を行う。


スパナとドライバーが一本ずつ先端が欠けているのを見つけて直し、引き受けていた修理物の確認を済ませから、下の階へ向かった。




この作品のキーワード
修理屋  職人  刺繍屋    感情    おとぎ話 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。