街はずれに暮らす人形職人によって、一体のゴーレムが造られました。


完成度はやや低く、高性能とはとても言い難い、至って平凡なゴーレム。


それでも彼はこの世に生まれたことに喜びを感じ、造主の望みのために動き出しました。


しかし、彼の造主は完璧に近いものが好きな人です。


不完全なもの、未完成のものは彼女にとってはガラクタ同然。


ゴーレムは造主に捨てられました。


彼が何度会いに行っても造主は応えません。


完璧からは程遠いゴーレムの相手をする時間は、彼女にとって無駄なことですから。



『もう一度、彼女に自分のゴーレムだと言って欲しい』



完璧なゴーレムになるために、彼は危険を承知で東の森に囲われた丘へ向かいました。


その丘にしか咲かない、水晶のように透明な花を求めて。


けれど、そこへ行くには凶暴な動物の縄張りを抜ける必要があります。


彼はその動物に見つかり、襲われ、捕まってしまいました。


もちろん、造主がこのことを知る由もありません。


冷たく薄暗い森の中で、ゴーレムは壊されていきました。



めでたしめでたし











この作品のキーワード
修理屋  職人  刺繍屋    感情    おとぎ話 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。