「…佐藤さん、これで何回目?」


私は今、今年入社の新人に質問中。


「…すぅ‥すみません」


えっ。


もしかして泣いてる?
ちょっと、それはないでしょう、今泣くか?


大きな目に涙を溜め俯いたままの愛奈ちゃん。


「1回目は許す。2回目はまだしょうがない。今回は3回目、言い訳も出来ないよ。佐藤さん」


「…はぃ‥すぅみません」


涙声の愛奈ちゃんがうなだれたまま私に謝る。





この作品のキーワード
同期  再会  オトナ女子  オトナ男子