まだ何か言おうとして私を見た青木に


「もぉー、うるさいっ」


勢い任せに抱きついた。


「ぅわっ」


勢いがありすぎた私を青木が両腕で受け止める。


恋愛偏差値低めの駆け引きなしの私の素直な行動。


背中にまわしてた腕を緩め青木を見る。


ゆっくりと青木の手が私の両頬を包み込む。


くすぐったくてフフフと笑う。
つられて青木もフフフと笑ってくれた。


青木の腕が私の肩を包み込み優しくキスした。