梅雨明け。
やっと、ジメシメした日常から解放された。


世の中、夏真っ盛り。
蝉の声が今とばかりに鳴り響く。


寒さより暑さの方がまだよいが
だけどこんなに暑い日が続くと夏バテしてしまう。


「これ、簡潔にまとめてくれる?」


3枚の用紙を愛奈ちゃんに渡す。


仕事も段々と慣れ、最近では私が1から言わなくても一通り1人でさせている。


その後、私がチェックし課長に提出する。


素直な性格なだけに仕事のコツを掴むと吸収するのも早い。


やっと私の小言もオフィスに流れなくなり、何かと気を張ってた毎日から私も解放された感じだ。







この作品のキーワード
同期  再会  オトナ女子  オトナ男子