「おーい。そんなボーッとしてるとちゅーすんぞ」


突然目の前に現れた昴が、そんな事を言うから、俺は反射的に昴を殴りそうになった。


俺が降り下ろした拳を、「うわぁ!!」と悲鳴を上げながら間一髪で避けた昴は、憎々しげに俺を見た。


「おい!いきなり何すんだよ!」

「悪い。キモかったから咄嗟に………」

「ひでえ!!つか本当にするわけないだろ!お前が明日から夏休みだってのに浮かない顔でボーッとしてるから元気付けようとしたんだよ!」


──そう。明日から俺達は高校最初の夏休み。


今日は終業式で、体育館で式を終えた俺達は、教室に戻って、連絡事項などを聞いていた。


「つかお前、ここ最近どうしたんだよ?」

「あ?何がだよ」

「なんか、心ここに在らずって感じでさー」


……心ここに在らず、か。

確かに最近、ボーッとすることが多くなったことは自覚していた。


理由はわかってる。

原因は勿論、沢森だ。




この作品のキーワード
切ない  すれ違い  転校  初恋