時計が夕方の5時を指差した時だった。

「よし、終わりにするか」

それまでマンガを読んでいた上野さんが顔をあげた。

「えっ、早くないですか?」

だいたい5時半とか6時に閉店するのが、『キャンディ・ハウス』である。

今日はそれよりも30分とか1時間早い。

「今日さ、外食にしない?」

ほうきとちりとりを片手に、安部さんが言った。

「が、外食…ですか?」

あたしは訳がわからなくて聞き返した。

「ノゾミちゃんも朝昼晩とご飯作ってるから、疲れるでしょ?

だから今日は外で食べようって」

上野さんが言った。

この作品のキーワード
雑貨屋  住み込み  三角関係  S様  寡黙  寵愛  溺愛  胸キュン  ドキドキ  甘々 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。