ファーストキスを2人に奪われたお花見から、早数週間。

早いもので、4月もそろそろ終盤へ差しかかろうとしていた。

その中で変わったことと言えば、
「おはよう、ノゾミちゃん」

上野さんがキッチンで朝ご飯の準備をしていたあたしに歩み寄ってきたかと思ったらキスされた。

された位置は唇だ。

仕事中でも、
「ヤバい、シたくなってきた」

安部さんの顔が近づいてきたと思ったらキスされた。

当然のように、唇に。

「あ、ズルい」

キスされたことに気づいた上野さんの顔が近づいてきてキスされた。

もちろん、唇に。

…あの花見以来、2人は隙あらばあたしにキスしてくるようになった。

この作品のキーワード
雑貨屋  住み込み  三角関係  S様  寡黙  寵愛  溺愛  胸キュン  ドキドキ  甘々 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。