玄関へ行き、靴を履く。
つま先をトントンと鳴らし、私は赤い傘へ手を伸ばした。

「傘は、ひとつでいいよ」

先に立つ陸が、ブルーの傘を手に取り言い、玄関のドアを開けて降りしきる雨に向かってパッとそれを広げた。

瞳が さあ。と促すように私を見る。

少しの戸惑いを抱えたまま、私はそのブルーの中へと入っていった。

ドアを閉め、二人ひとつの傘の下。
傘を打つ雨の音。
並んで歩く靴の音。
ビシャビシャと雨水を蹴るようにして進んでいく。

私の肩先に、雨が当たる。
それを見て、陸の手が腰に回った。
その手が、濡れないように、と私を引き寄せる。

二人だけになった時。
陸は、まるで恋人のように私を扱う。
その行為は、あまりに自然だった。

今のように腰に手を当てるのも。
手を繋ぐのも。
肩を抱き寄せるのも……。

頭の中では、いけな、と何度も思考が訴えかけてくる。
泉の言葉も脳裏をよぎっている。

解っている。
いくらなんでも、この年頃の姉弟がすることじゃない。

解っている……。

なのに、身体は拒絶するどころかそれをすんなりと受け入れ、心は安らぎさえ感じていた。

この感情は、いったい何?
私は、どうかしてしまったの……。