午前中メールの処理をしていると、後輩秘書の萌ちゃんからチャットが入った。

”相談したいことがあるので、お昼休みにあのミーティングルームに来てくれませんか?”

 相談てまたお局にいびられたんだろうか?

 私も異動になっちゃったし相談相手いないんだろうな。

 萌ちゃんとは私が秘書室にいた時、よく人気の少ないミーティングルームでランチを食べた。

 お局の愚痴を言うにはピッタリの場所。

”いいよ” 

 すぐにそう返事を出すと、萌ちゃんからもすぐに返信が来た。

 ”うれしい。じゃあ、お待ちしてます~”

 萌ちゃんも大変なんだろうな。

 私と違って社員だし。

 お局に喧嘩売ったら会社にいられなくなるもんね。

 私みたいに簡単に別の会社なんて割り切れないだろうし。

この作品のキーワード
秘書  上司  幼なじみ  腹黒  鬼畜  イケメン 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。