―――その日の夜




「約束、忘れてないよな。」



「はい、もちろんです。」





私の家で私の作った料理を食べながら、私と陽也さんは話し合う。





「俺が、お前に自由をやった。」



足枷付きのね。



「お前は、俺だけを見てればいいんだよ。」




もちろん、だって私は貴方しか愛することを許されていない。



自由を我慢して、恋することを我慢すること。



仕方がない、だってこれは掟だから。



私の罪を償うために、自分の身を捨てなければならない。






この作品のキーワード
黒龍  寵愛姫  暴走族  初恋    仲間  婚約者  悲しい    流星 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。