「後ろに乗れよ。」



「い、嫌よ。」




当麻がバイクの後ろに乗ることを、勧めてくる。


バイクなんて乗ったこともないのに、いきなり乗ったら大変なことが起きそう。


おまけに、この人の後ろに乗るなんて・・・




「いいから、乗れ。

もしかして、ビビってんのか?」




「怖いものなんてないわよ。」




私は、ビビってんのか?の一言に少し怒りを覚える。


これでも、私は負けず嫌いなんだから・・・そんなこと言われるのが嫌いなの。



私は、言われるがままにバイクの後部席に座る。






この作品のキーワード
黒龍  寵愛姫  暴走族  初恋    仲間  婚約者  悲しい    流星 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。