―――黒龍に入って一ヶ月が経とうとした。



黒龍の幹部とは結構話すようになり、幹部以外の人達も馴染んできた頃だった。




「ねぇ、紗綾

海にお泊りいきたくない?」




日向がいつものニコニコスマイルで聞いてくる。


そんなに、海好きなのかな?




「ごめんね、海は無理かな。」


「なんで?」



泳げないからなんて、言えない・・・決して。



「もしかして、

親とかに怒られちゃうとか?」




親とかに怒られちゃう・・・ことはないけれど。


陽也さんには、他の男と出かけたら怒られるかもしれないからダメね。


でも・・・あの人は、私のことを嫌いなのに・・・私を男と触れさせないようにする。





この作品のキーワード
黒龍  寵愛姫  暴走族  初恋    仲間  婚約者  悲しい    流星 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。