初めて莉子を見たとき、一瞬で心を奪われた。



砂浜に足を投げ出して座っていた莉子は、目の前に広がるエメラルドグリーンの海に見入っていた。



ブルーのチェック柄の丈の長いワンピースを着ていて、日に焼けていない白い肌と華奢な肩、それを隠すような長い髪。


時々吹く風になびく髪が綺麗だ。




ちらりと見えた横顔は、小さな顎と唇、形のいい鼻と丸みがありそうな目。


普段、仕事で女性と接することが多いのに、どうしてここまで莉子に引き寄せられたのか分からない。



自分でも気がつかないうちに莉子に近づいていた。





「ねえ、一人?」




莉子は俺の声に全然気づいていなくて、変わらずに海を眺めている。


俺は風になびく莉子の髪を思わず掴んでしまった。

触ってみたいという衝動そのままに。



「ちょっと、ムシするわけ?」