大輔さんとは結局、金曜日に会う約束になってしまった。


私の仕事が終わってから一緒に食事をして、終電までには帰る。


車で家の近くまで送ると言ってくれたけれど、そういうわけにはいかない。どこで誰に見られるか分からないし、独身同士だって男女の友情は理解されにくいと聞く。


結婚を控えている私は尚更なんじゃないかと思ってしまう。

それに、大輔さんとは友達になんてなれない。




「莉子はもっと肩が出るようなデザインがいいんじゃない?ほら、ビスチェだっけ?あんなやつ」



親友のみのりは、私がこの前のドレス選びで試着したときの写真を見てそう言った。

みのりとは中学からの付き合いで、私の両親も姉も知っている。



「そういうのも良かったんだけどね。色々着てみてオフショルダーにしたの。披露宴は着物ね」


「旦那の好みか。人前であんまり肌を出してほしくないか、気にしないか、男ってどっちかだもんね」