それからどのくらい経っただろう……。





二時間は余裕で過ぎていってもう外は真っ暗だろう





そんな時、手術室のランプが消えた





そしてドアが開いてドクターみたいな人が私たちに近づいてきた





その顔からはとても複雑そうな表情が読み取れてなんとなくわかってしまった




これから言われることが……。