人間って悲しすぎると涙も出てこないよ





いや、本当は泣きたいよ。





でも泣けないよ。




ここで泣いてしまったら本当にお母さんはいなくなるような気がするの






でも、一言でも喋ったら涙がこぼれてしまうよ






ポンッ





その時、私の肩を誰かが触れた




見なくてもわかる。




朔也だ。




朔也はずっと私の側についてくれた




今も知らない人の死をまのあたりににしてる




「大丈夫か?」




そう聞かれて私は頷いた