「つまり、高野君は優那を狙ったのね?!」





「はぁ?」





「だって見つめられたんでしょ?
優那を落とそうと思ったんじゃない?」





それからまた、屋上に戻ってあいつにケータイ返せとも言える勇気がなかったのでとりあえず明日返してもらおうと思って諦めた








そして、今はファミレスに来てさっきの事を瑠奈に話していた